FC2ブログ

タクミ!童貞卒業の話...

僕が男になったのは...
忘れもしない12歳の春
中学校に入学してすぐの頃だ。

その頃にはおてぃんてぃんの毛も
順調に生え始めて来て
陸上部に入部して順調な中◯生活を
楽しんでいた頃だった。
そんな時1人の女の子と出逢った。
その子の名前はJと呼ぼう!

Jのスペックはこんな感じだ。
・当時中学2年生でタクミの先輩
・ソフトボール部に所属
・友達から聞くと性格が悪い
 今振り返れば大したスペックではない
だが女の子に興味津々の新入生タクミ
メールアドレスを聞かれて即交換した!
今思うと女なら誰でも良かったw

少しの期間メールをしていて
たまに学校の廊下で会うと
「タクミくーん♡」と甘い声で近寄ってくる
なんだこのビッチと思いながらも先輩だし
あはっあはっと必殺ゴマすりで応戦
そして...ついに発展を迎えた。

当時スマホはまだ主流ではなかったので
ガラケーのメールでJから告白をされた。
童貞の12歳の僕でもこいつ俺の事好きだな
と思っていたのでついに来たかと
即答でOKを出した!全然好きではなかった。
今では中学2年生なんか子供にしか見えないが
当時の僕からは少し大人に見えたんだ。
放課後一緒に帰る事やデートも
Jから教えて貰った。下校は帰り道が逆で
僕が送っていたのだがめんどくさすぎて
最終的には逆に送らせていたのだが...w
日々のメールも面倒くさくて嫌だったが
最終目標は童貞卒業だったので耐えたんだ。
てか中学2年生でメンヘラとか少し怖かった。

そして学校と部活動が休みの日
家でゴロゴロしていたら携帯に1件のメールが入った。「今からアベイルの屋上に来れる?」

アベイルとは中◯生が行くような
安い衣料品店である。向かった。
そこには明らかに女の顔をしたJが居た。
僕は全てを悟った。屋上には客用トイレがある。
2人で男子トイレの洋式便所に入った。
Jはかなりのヤリマンだったみたいだ。
コンドームを持参していた。
そして僕は初めて女体を見たんだ。
乳房には毛が生えていた。ガン萎えだ。
なんだかんだ有り、コンドームをつけて
挿入をしたがまったく気持ちよくない。
家に帰り射精もしていないのに賢者タイムに。
そして、三日後にJに別れを切り出した。
僕の初体験はこうして終わった。
衣料品店の屋上のトイレでヤリマンのチク毛先輩
その後僕の仲間や先輩も皆Jで童貞を失った。
ソフトボールの男性顧問の先生とも
噂になっていたので多分奴は本物だろう。
今振り返れば金では買えない経験だった。
できるならあの頃にもう一度戻りたい...

コメントの投稿

非公開コメント

リンク